Entries

スポンサーサイト

「主計総監」リプレイ

主計総監を6人のフルメンバーでプレイ。私は史実的に弱くて面白そうなイタリアを担当。今回は時間的な都合で特殊ルールを採用。各国とも永続効果カードと罠カードを合わせて3枚配置した状態から開始。最初、枢軸側は西ヨーロッパと中国を抑え、得点源を5つとするが、連合側は永続効果カードにより増えた新たな得点源とオースラトリア、インド、西アメリカ、ウクライナ合わせて8つの得点源を確保。あっという間に得点差が開き、...

ワカプレ入門用にどうぞ「ウォーターディープの支配者」リプレイ

ダンジョン&ドラゴンズの世界の街の一つ「ウォーターディープ」が舞台のゲーム。話しにはよく聞くし、関係のある作品に触れたこともあるんだけど、そこまで詳しくはない。まあ、剣と魔法の王道ファンタジーだと思えば間違いないだろうという事で遊んできました。ルールは簡単。1、クエストを受ける。2、冒険者を雇う。3、クエストを解決して報酬を貰う。この3つの簡単ステップで誰にでも出来ちゃう街の黒幕。きゃー素敵。そう...

「オルレアン」

「オルレアン」オルレアンの街とその周辺が舞台。7種類の人物の力を使って、最も勢力を広げたプレイヤーが勝利する。勢力を広げる(点数)手段は3つ・お金 1コイン=1点・物資 織物・絹糸・ワイン・チーズ・小麦がそれぞれ5点4点3点2点1点・影響力 (建てた家の数+市民)×発展レベルどれもゲーム終了時に得点計算するので、それまでにイベント等で無くすと得点にならない。ゲームシステムの根幹はバッグビルドシステ...

「電力会社デラックス」

フリードマン・フリーゼの代表作が新しくなった。色々と苦い思い出、主に負けた記憶、があるこの作品でリベンジしたい。そしてどこがどう変わったのか確かめたい。そんなわけで「電力会社デラックス」遊んできました。作品としての評価はは、まあまあかな。人数による第二ステージへの移行都市数とゲーム終了建物数がわかりやすいように駒を用意してあったりだとか、資源補充表が別になってたりだとか、全体的に遊びやすくなってる...

「カヴェルナ」

「カヴェルナ」ローゼンバーグ先生の代表作「アグリコラ」を抜いてBGGランキング4位になった作品はやっぱりアグリコラでしたw基本ルールが同じなので「アグリコラ2」と言っても過言ではないんですよね。大まかなゲーム性で言わせてもらえれば、●大量の職業・進歩カードが無くなったのでやり込んだ人とそうでない人で対等な勝負が出来る。●即座に食料を得る手段が増えたのでそこまでシビアなやりくりを必要としなくなった。と...

Appendix

プロフィール

ドイツゲーマー考治

Author:ドイツゲーマー考治
性別:男性
年齢:30代
住所:鹿児島県
趣味:ドイツゲーム

最近の記事

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。