FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bhanter.blog109.fc2.com/tb.php/71-06519ff2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ボドゲは見た目とルールだけでは判断できない。

7月19日都城ゲーム愛好会に行ってきました。

「コンセプト」
今年のゲーム大賞候補作品。
ようやく日本でも流通が始まったので、この日ようやくプレイ機会にめぐまれました。

お題にたいして出題者がヒントを出していき早押しで答えられた人が得点。
ルールの根幹は非常にシンプル。
しかし出題者が2人というのがいい。
いくつもあるヒントマスの中から出題者はどんどんヒントになるだろうというマスを指定していくのですが、そのうち出題者同士で「それはヒントとしてどうよ?」「え、これがヒントじゃなかったらそっちはどう考えてるの!」という事が起こります。
こうなると答える側も混乱必至。
中には出題者2人が全然違うものを考えていたりして大爆笑でしたw

「アブルクセン」
単純なカードゲームだと舐めてましたすいません。
傑作です。これはよくできたゲームです。
何がすごいかというと、すごい単純なルールなのに深みがあること。
すごい攻撃要素があるのに攻撃されても逆転要素があること。
そして何より上がっても負けるということ。
ババ抜きでも七並べでもウノでも上がったら勝つのが当たり前なのに!?

「ヘリオス」
IMG_0695.jpg
何だか夢中になっていたら何もできずにビリで負けて終わった。
これは是非もう一度遊びたい作品。
夢中になり過ぎて写真も片付けた後に箱裏を撮ったものですw

「51番目の州(拡張入り)」
IMG_0696.jpg
夢中になって遊んでいたのに最終ラウンド前にできることをやり終えて夢から覚めてしまった。
勝負には勝ったけどゲームには負けた感じ。
ゲームはやりたいことをやりきる前に終わるかやりきった瞬間に終わるのがいい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bhanter.blog109.fc2.com/tb.php/71-06519ff2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

ドイツゲーマー考治

Author:ドイツゲーマー考治
性別:男性
年齢:30代
住所:鹿児島県
趣味:ドイツゲーム

最近の記事

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。