Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bhanter.blog109.fc2.com/tb.php/91-4096688c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MegaCivがもっと楽しくなる十八文明嘘八百知識

「ケルト」
欧州の深き森の中から湧き出て、鉄器を持った戦士と、ケルト文字を操るドルイド司祭が、ケルト神話をヨーロッパ中に広めた。
最後は「ガリア戦記」でローマに支配される。悲しい。

「イベリア」
「ピレネー山脈の向こう側に住まう民」とローマ人から呼ばれた。
実際に文明といえるほどの水準だったのかはなはだ怪しく、ケルト人には侵入されるわ、ローマとカルタゴの板挟みになるわ、ろくな目に合わない文明。

「カルタゴ」
第一次ポエニ戦争に負けて地中海の制海権を奪われたが、かの有名なハンニバル将軍が「道は見つけるか、それとも作るかだ。」とか言って、イベリア半島経由でアルプス越えてローマの首都に迫った根性の文明。
何度叩いても甦るカルタゴを恐れたローマによって地図上から抹殺された。
その時のローマ人の合言葉が、有名な「カルタゴ滅ぶべし」である。

「ローマ」
「すべての道はローマに通ず」の言葉通り、すべての周辺文明と戦争しまくった。
圧倒的な国力に支えられた強力な軍隊で負けなし。
最大版図は地中海周辺全部。
オスマンに征服されるまでずっと続いた勝ち組文明。

「ヘラス」
年がら年中都市国家間で争っていたギリシャ文明だが、マケドニアのフィリッポス2世に征服されたおかげでヘラス文明としてまとまれた。
その後はフィリッポス2世の息子のアレクサンドロス大王に従ったおかげで、インドまでヘラス文明は伝わった。

「ミノア」
クレタ島という絶好の立地のおかげで地中海中の産物が集まった海上交易文明。
でも土地が狭すぎて発展した文明を支えきれずに衰退。
そこを海の民に滅ぼされた。
クノッソス迷宮のミノタウロスが有名なのでシンボルは牛頭!

「ヒッタイト」
世界初の鉄器文明を築いたとして教科書にも載ってる有名な文明。
何度もエジプトに勝利するほど強かったが、内戦で弱った所を海の民に滅ぼされた。

「アッシリア」
四代文明発祥の地チグリスユーフラテス川、その上流域を支配した文明。
交易の関係でバビロニアとは仲良くしていたようだが、お互い強力な武力を背景にして共存していたことは言うまでもない。

「バビロニア」
「目には目を、歯には歯を」でおなじみハムラビ法典を作った文明。
チグリスユーフラテス川の下流域を支配した。
かなり裕福だったらしく、バビロンの空中庭園なんて洒落た建造物も作っている。
法と芸術の文明。

「エジプト」
「エジプトはナイルの賜物」の言葉通り、ナイルの肥沃な土地と、洪水を予測する暦の技術によって発展した文明。
ファラオのピラミッドは権力の象徴。
最終的にアレクサンドロス大王に征服される。

「シバ」
実在したか怪しい文明。
「シバの女王の伝説」で、シバ女王は、古代イスラエルのソロモン王の知恵を借りるため、広大なアラビア砂漠を横断し、莫大な財宝を献上した、とある。

「ヌビア」
エジプトから分離した民族を祖に持つ文明。
金や鉄、銅などの鉱物資源が豊富な地域を支配していたらしく、様々な文明から狙われた。
エジプトに負けず、ヌビア遺跡群のアブ・シンベル神殿などの巨大建造物で有名。

「ペルシア」
最大版図は西はヒッタイト、南はエジプトまで広がっており、その広大な版図を統治するために「王の目、王の耳」という地方監督制度が発展。
ギリシャ文明を何度も苦しめたが、最終的にアレクサンドロス大王に征服される。

「パルティア」
古代の歴史家から見向きもされなかった遊牧文明。
その割にローマ相手に奮戦している。
最終的にササーン朝ペルシアに蹴散らされた。

「クシャーン」
匈奴から逃げてきたクシャーン人がインド北部に作り上げた文明。
それなりに栄華を誇ったらしいが最終的にササーン朝ペルシアに蹴散らされた。

「インダス」
四代文明の一つ。
滅亡した原因は砂漠化や河川の流れの変動、アーリア人の侵入など諸説あるが、一番の原因はハラッパに街を作っていた事ではないだろうか。

「マウリヤ」
最も繁栄したのはアショーカ王の時代。
戦争の悲惨さに涙したアショーカ王は仏教に帰依し、武力ではなくダルマ(法)による統治を行った。
しかし、アショーカ王の死後マウリヤは急速に衰退した。

「ドラヴィダ」
インドに古くから住み、インダス文明の生みの親と言われている。
それがインド南部の狭い地域に引きこもっているのは謎。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bhanter.blog109.fc2.com/tb.php/91-4096688c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

ドイツゲーマー考治

Author:ドイツゲーマー考治
性別:男性
年齢:30代
住所:鹿児島県
趣味:ドイツゲーム

最近の記事

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。